「溶接新報」(平成22年8月23日付け)より引用
---------------------------------------------------------------------------

ベドラ銅合金ブレイジングワイヤ
自動車向けにレーザ・プラズマブレイジング適用拡大
株式会社オベロン(本社=兵庫県西宮市、tel:0798-37-1234)は、ドイツ・ベルケンホッフ社の日本総代理店として、自動車メーカーや自動車部品メーカーを中心に「bedra(ベドラ)ブランド」の銅合金ブレイジングワイヤの販売を行っており、着実にその実績を伸ばしている。

ベルケンホッフ社は120年の歴史を有し、フランクフルト近郊に位置するホイヘルハイムに 本社と2工場を擁している。従業員数は500名で、銅合金ワイヤのみを年間1万2千トンのを生産する世界トップクラスのメーカーである。

製造工程は、原材料の選別から最終製品の出荷まで、完全な一貫製造体制をとっており、 エレクトロニクス用、放電加工用、溶接用などの分野で銅合金ワイヤとして使用されている。同社は、一貫製造の強みを活かし、高品質化やきめ細かい顧客対応が図られ、ドイツ国内はもちろん、世界50ヶ国に輸出するグローバル企業でもある。

「ベドラ銅合金ブレイジングワイヤ」は、欧州ではフローニアス、EWM、 スキャンソニック、INOCON社等の電源・レーザヘッドメーカー各社とのタイアップによる拡販を図っている。レーザ・プラズマブレイジングの普及により、欧州自動車業界が積極的に採用している影響で、銅合金ブレイジングワイヤの市場も大きな広がりを見せている。

オベロン社は、ベドラ製品を20年以上にわたって発売しており、ブレイジングワイヤの日本国内販売は2005年頃から開始した。

国内販売実績は、自動車部品メーカーへの採用が多く、今後は欧州で見られるような車体部分でのレーザ・プラズマブレイジングの本格適用が見込まれている。「ベドラ銅合金ブレイジングワイヤ」は、これまでに蓄積した技術により独自の含有成分を配合し、様々な用途に合わせて他社には例がない約30種類の製品を取り揃えている。国内はワイヤ径 0.8から1.0ミリが一般的だが、今後、レーザーやプラズマなどの熱源にも対応する観点から ワイヤ径1.6ミリまで用意し、顧客ニーズに応じたブレイジング材料のサポート体制を強化していく方針である。


---------------------------------------------------------------------------
(→溶接新報のサイトへ)